台風21号の被害で火災保険が使えたよ♪

台風の被害で火災保険が使えるって知ってましたか?

9月4日の台風21号の暴風で我が家近辺では屋根にブルーシートがかかっているところがまだたくさんあります。
瓦の製造が追いつかなくてなかなか工事に着手できないようですが、ぼちぼちを工事する家も増えて来たようです。
みなさん、大変だなあ・・と思っていたのですが、台風で家が壊れても火災保険が適用されるってことを今回はじめて学びました。

瓦が飛んじゃった〜!

私所有の家を息子に住まわせているのですが、

むすこ

瓦が飛んで一枚だけどこに行ったかわからんねん。家建てた工務店とかわからんかな?

わたし

さあ?中古だったしなあ・・

むすこ

一枚でもなかったら全部吹き替えなあかんから100万円以上するって

わたし

ええーーー−!!!!!

ということがありまして。

知り合いの大工さんに聞いてみた

友人が大工なので「瓦ってさがせるもん??」って聞いて見た。

「一枚がなくなっただけでもその瓦が製造中止になっていたら火災保険降りるよ。」
とのこと

え?台風でも火災保険が適用されるの??
しらんかったわ・・・(^_^;)

SECOMに問い合わせ

私はSECOMの火災保険にはいっているので、SECOMさんに電話したよ♪
とても親切に対応してくれました。

☆瓦が風でずれた事
☆そのうちの一枚が見つからない事
☆一枚を探して見つからない事

を伝えてどうすれば良いかとたずねると私の保険内容を確認して

「お役さまに入っていただいている火災保険は適用されます。
審査が必要なので申請書を送付します。
被害写真が必要です。屋根に上がるのは危険なので見積もりしてくれる業者のかたに写真をとってもらってくださいね。
見積書が必要です。
それと家屋全体がはいっている写真と表札と家屋の写真。
それらを申請書に記入事項を書いたものを返信用の封筒に同封して送ってください。
その後は審査の上連絡先のお電話にお知らせします。」

こんな感じでまもなく書類が送付されて来ました。

見積もり

ブルーシートをかけていただいた業者に見積もりを依頼。

1,874,880円!!!!

瓦一枚行方不明で大変な事になるんですね(^^;;

どうなるかはわからないけれど、ともかくSECOMに写真と保険金請求書を見積書をいれて送付しました。

保険がOKで振込ありました♪

書類を送付して1〜2週間後に連絡があり、「保険金が決定しましたので振り込みいたします」
と連絡がありました。
なんと気見積もり金額に上乗せ額までありましたよ。びっくりです。
自分がそういう特約をつけていたそうです。
「これがオススメです」と言われた通りにしただけなんだけど、役に立った〜〜

なんてラッキー♪♪♪

後記

火災保険て火事の時に使うものって思い込みのあった私はほんとにいろいろ勉強になったなあ。

屋根の葺き替え190万円って、そんな出費どうすんの〜〜〜(・_・;
って思ってたら思わぬ展開にびっくり。
出費はなしでお小遣いもついてきた!

皆さんも大風で被害はありませんでしたか?

こんなの保険おりないよなあ〜〜と思っても確認してみることを是非是非おすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください